葉酸サプリの過剰摂取によって起こる副作用とは?

妊活中・妊娠中に飲む葉酸サプリですが、飲む量を多くすればするほどいいというものではありません。中には、過剰摂取で副作用が出るという声もあるんです。そこで今回は、葉酸サプリの過剰摂取により起こりうる副作用をテーマにお届けします。せっかく飲む葉酸サプリで危険な思いをしないで済むように皆さんもご確認ください!

 

葉酸サプリの過剰摂取によって起こる副作用とは?

葉酸サプリの1日当たりの摂取目安量は400μgと言われています。その基準量に合わせて多くの葉酸サプリは「1日〇粒で1日の摂取目安量を摂取できる」という風に作られています。葉酸は目安量を守って飲む分には体にいいものですが、どんなに多くても1日1000μg以下と決められています。それ以上飲んでしまうと、過剰摂取により食欲不振や吐き気などの消化器症状や、肝臓や腎機能の低下によるむくみ、発熱や不眠、かゆみなどの副作用の症状が出る可能性があります。また、生まれてくる赤ちゃんにも喘息のリスクが高まるなどの副作用も知られています。そういった症状が出ないように、1日量は必ず守るようにしてくださいね。

 

過剰摂取が不安…葉酸サプリって本当に飲むべき?

過剰摂取で副作用が出ると聞くと、葉酸サプリは危険なのでは?と思ってしまいますよね。しかし、葉酸は必要な成分で食事からも摂れますが、その量というのは決して多くはありません。だから足りない葉酸は葉酸サプリから補う必要があるんです。葉酸サプリで1日量の400μgを摂取して、食事からも葉酸を摂ったとしてもその量が1000μgを超えるということはまずないので、ご安心ください。

 

まとめ

葉酸というのは、妊娠を希望する女性に必要不可欠な成分で適量を守るというのが何よりも大事です。多すぎても、少なすぎても体に良くないということを覚えておいていただき、必ず葉酸サプリの1日量は守るようにしましょう。その量をしっかり守っていただければ、食事から葉酸を摂ったとしても過剰摂取にはなりませんし、副作用の危険性もありません。過剰摂取を恐れて葉酸が不足してしまうというのは良くないので、まずは安心して口に入れていただける葉酸サプリを選ぶとことから始めていただければと思います。