天然オーガニックの葉酸サプリとは?

妊婦さんが葉酸を摂取する必要がある理由は、おなかの赤ちゃんが細胞分裂を行うときに欠かせない栄養素だからです。
また、赤ちゃんの先天性異常のリスクを軽減するということが分かっています。

 

妊娠が分かってからでは既に細胞分裂が始まっているので、それから葉酸を摂取しても遅すぎると言われています。
理想的なのは妊娠を計画し始めたときから飲み始めることです。

 

妊婦さんが推奨される1日あたりの葉酸摂取量は400μgとされており、これは通常の1.5倍の量に当たります。厚生労働省も妊婦さんの積極的な葉酸の摂取を推奨しています。
葉酸は食事からも摂取することができますが、毎日食事のみで推奨摂取量を満たすことは難しく、葉酸サプリメントの利用もおすすめされています。

 

妊娠を計画中の人や妊婦さんは積極的に摂取すべきとされる葉酸は、ほうれん草の葉から発見されたビタミンB群の栄養素です。野菜以外にもフルーツやレバーなど植物性食品にも含まれています。
ですが葉酸は熱に弱く、加熱調理によっておよそ50%が失われてしまいます。その為、葉酸サプリメントなどを利用して補うことが良いとされ、様々な種類が販売されています。
近年は安全・安心志向が高まってきていますが、葉酸サプリにもオーガニックのものがあります。オーガニックとは農薬や添加物を含まない天然由来のことを指します。
しかし、サプリメントでは無添加製法は珍しく、その分、商品価格が高くなってしまうことも事実です。ただでさえオーガニックのものはコストなどもかかり価格が高くなるのに…というのが多くの人の声です。
天然成分とは違って一般的な合成成分の葉酸サプリが全部安いのかと言うとそうではないですが、1日あたりの値段を算出した際に安すぎるものは原料など含まれるものを疑う方が良いでしょう。
ものによっては1日あたりの値段が合成成分と変わらない天然オーガニックサプリもあります。その中には日本やサプリ先進国であるアメリカでも評価の高いものも存在します。

 

天然オーガニックサプリは安全で、サプリメントという効率的な摂取方法から考えるとむしろ安い方だと考えられます。
では、天然オーガニックサプリとさほど変わらない値段で、合成葉酸サプリが高く販売されているのでしょう。
合成葉酸サプリは恐らく、パッケージ代や宣伝費にコストがかかってしまい、結果的に商品価格が高くなっていると思われます。
中でもサプリメントの宣伝費はテレビなどで年々増加傾向にあり、”健康食品”という部類ではさらに増加しています。
イメージ戦略が大切な商品ならまだしも、赤ちゃんの成長をサポートする葉酸サプリメントであることを考えると、成分と商品価格を正確に見極めることが重要です。